毛孔性苔癬のレーザー治療における注意点

毛孔性苔癬のひとつの治療法であるレーザー治療。
毛孔性苔癬が良くなったという声も多く聞こえますが良いことばかりではありませんのでデメリットも確認する必要があります。
レーザー治療は、意図的に肌にダメージを与えて再生を促す治療法です。
施術後から肌再生にかけて適切な事後管理・処置が必要となります。
そこで二の腕ぶつぶつ等の毛孔性苔癬のレーザー治療においての気をつけてることをまとまてみました。

 

 

レーザー治療におけるリスク

毛孔性苔癬の治療においてレーザー治療を行う場合は必ず診察・カウンセリングを行い、安全に配慮し・注意することを確認して治療を行います。
レーザー治療は、肌の深部に照射するため個人差はありますが肌への負担がかかります。
ですのでレーザー治療における注意点について紹介します。

 

赤み・痛みを伴う

施術後にヒリヒリとした赤みと痛みが発生します。
赤みは数日間ほど続くと消えるものです、肌がレーザーの刺激によって一時的に痛みを受けた状態になり起こる症状です。
回復を図るために塗り薬や飲み薬を処方します。

 

かさぶたが発生する

レーザー治療は人が本来持つ再生能力を利用して、急速なターンオーバーを促し、肌を再生するものです。
かさぶたは、レーザーによって痛みを受けた肌が、新しい肌へと生まれ変わる段階で発生します。
かさぶたが取れた後は、新しい肌が生まれてきます。

 

 

レーザー治療の注意点

レーザー治療は、肌にダメージを与えて再生を促進することで改善を行います。
施術後は普段の肌状態とは異なり肌のバリア機能が低下していますので肌トラブルを招くことがないよう十分な肌管理を行う必要があります。

 

 

十分な保湿ケア

施術後は十分な保湿をとりましょう。施術後は肌が乾燥しやすくなりますので保湿が不十分であればターンオーバー昨日が低下してしまいます。
また乾燥によりダメージも受けやすくなりますので注意してください。
施術後はクリニックからの出される抗生剤・塗り薬は肌ケアに大切ですので忘れずに飲む・塗るようにしましょう。

 

紫外線から身を守る

レ施術後は、普段の肌状態とは異なり肌のバリア機能が低下しているので、刺激に対してダメージを受けやすい状態になっています。
その状態で紫外線に当たるとダメージを受け、シミ等の色素沈着が発生してしまします。
その為紫外線対策が必要です、日焼け止め・日傘・帽子・長袖の副対策により極力紫外線を避けるようにしましょう。

 

肌刺激をしない

施術後肌への刺激は与えないようにしてください。
刺激から色素沈着を発生させることもある為です、レーザー治療により赤み・かさぶた・ヒリヒリによりかゆみが発生しますので手でかいたりはせずに我慢することも大切です。
その為にはクリニックからの処方薬をしっかり飲む・塗り自身でも気を付けていきましょう。
入浴時も手でやさしく洗うなど意識的なケアが必要となります。
レーザーの施術後ケアで一番難しいのが刺激対策課もしれませんのでご注意してください。