ニノキュアで毛孔性苔癬(二の腕のぶつぶつ)や腕のシミは治る?

 

ニノキュアの商品について
製品名:【第3類医薬品】ニノキュア 30g
商品価格:¥ 828
有効成分100g中
尿素:20g
グリチルリチン酸モノアンモニウム:0.5g (炎症を抑える)
トコフェロール酢酸エステル:0.5g (血行を促進し、患部の修復を促進)

二の腕のブツブツ・ザラザラ・カサカサでお悩みの方は気になっているのではないでしょうか。
最近CMでよくみかける「ニノキュア」。かなり有名な市販薬の一つです。
CMを見ていると「治るのかな・・・」って思ってしまいませんか。二の腕のブツブツやザラザラで悩む人は気になってしまう商品ですよね。
二の腕(腕全体)のブツブツ・カサカサ・ザラザラの代表的な原因の一つである毛孔性苔癬ですが、非常に治りにい症状です。
皮膚科で診療している人でも時間がかかるといわれています。

 

そんな毛孔性苔癬、ニノキュアで治す事はできるんでしょうか?ニノキュアについてあらゆる面から検証していきます。。

 

そもそもニノキュアはどんな薬なの!?

二の腕のぶつぶつにニノキュアを使用している方は分かりますが、ニノキュアは肌表面の角質や角栓を柔らかくする軟化クリームです(肌表面の角質おとしていきます)

 

角栓とは、皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質が毛穴中で凝固し発達したものです(ザラザラ感があります)。その為表面が酸化して黒く見えることがありニ
角栓からできるザラザラは肌表面は毛穴の入り口に詰まったものなのでちょっと強くこすっただけでも落とす事ができます。
おとすことは出来ますが何度も繰り返したりすると皮膚がまけてシミになったり痛めたりするので無理矢理取るのはお勧め出来ません。
※症状に合わせて様子をみながら使用しましょう。(サポート電話、医療診断を受けてから確認、納得後使用する事をおススメします)

 

 毛孔性苔癬やシミを治すには肌の奥から治すことが重要!!

 

ニノキュアは肌表面のぶつぶつ角栓を落とす薬ですので使用後ザラザラ感は消えます。これは一時的になるのか無くなるのかは個人差がありますので一概には言えませんが治らない方は肌の奥からの改善をしていく必要があります。(ニノキュアはお手軽に始められるので症状がニノキュアに合えば大変お得感ありです。)
ですが、二の腕ぶつぶつ症状には様々な要因がありますので、簡単に治らない方は根本的な治療が必要です。
根本的名改善が必要な方は肌奥に浸透する薬で解決を目指して行きましょう、個人個人原因・症状が違うので皮膚科で診療し自身の症状の原因を把握することが大切です。

 

二の腕のブツブツ・ザラザラ・カサカサの気になるニキビやニキビ跡、毛孔性苔癬などのような肌奥に原因があると考えられるブツブツには、肌のターンオーバーを整え回復していくことが近道になります。

 

>>毛孔性苔癬・シミを治すクリーム人気ランキング

 

ニノキュアの有効とされる成分

尿素・・・たまったブツブツ等の角質を軟化・除去

トロフェロール酢酸エステル・・・血行促進

グリチルリチン酸モノアンモニウム・・・抗炎症

この中でも肌表面の角質に影響をあたえるのが「尿素」

 

二の腕のザラザラやブツブツを治す成分は尿素が主成分です。
尿素は肌表面の角質を柔らかくして、角栓の詰まりを無くす効果があります、ただ前述でもいいましたが角栓を落とすだけでは個人差はありますが一時的にザラザラを消すだけになるかもしれません。(症状が合った方には改善方向に進んでくれます)
肌奥に原因がある方は表面だけではニキビやニキビ跡、毛孔性苔癬を治す訳ではないのです。
つまり、自身の症状を診療により良く理解し使用する事が大切になります。尿素は角栓を落とす事はできるけど、ブツブツの根本の原因は治す事ができないのです。

 

ここで気を付けておきたいのが「尿素の使いすぎはNG」というのがポイント!
尿素は肌の角質を剥がす事が得意となり、短期間で硬い角質化した肌を柔らかくして角質が剥がれやすくします。
目的にもよりますが最初は肌が柔らかくなったように感じていいなと思います。

 

しかし肌から考えると短期間で角質が分解されて剥がれやすくなったという事はどんどん新しい角質を作るという事でもあります。
そうなると肌のターンオーバーが追いつかずに未熟な角質が増えてきます。

 

ここで重要な事は多用しないという事です、肌が劇的に柔らかくなる為使用回数が増えると水分をキープできない乾きやすい肌が進行していきます。
さらにその先の症状としては敏感肌に転落してしまいます。

 

もちろん尿素の配合比率によりますが一般的な化粧品とかに配合されている尿素はあまり強くないので、急激なターンオーバーになるわけではありません。
使用用途によりますが、使用前によく確認して下さいね。

 

使用するたびに肌の柔らかさを感じ嬉しくなりがちですが次第に未熟で硬い角質に変わっていきます。途中で「あれ・・・」って感じる事がないようにして下さいね。。

 

尿素の利用は配合比率の高いものはあまり日常的に長期間使用しない方がオススメです。

 

※個人差がありますので様子を見ながら使用し、おかしいなと感じたらどの薬もそうですが使用を中断し皮膚科に診療しましょう。
本サイトでは薬用クリーム等を使用する前も診療す事をおススメしています。。