二の腕のブツブツにステロイドは効果ある?

二の腕のぶつぶつが気になる方はまず皮膚科に受診し自身の状況を確認することから始めましょう。
診療時に毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と診断され痛み・かゆみ激しく表面に出ている方はステロイドを処方されることもあります。

 

症状によりですが痛み、かゆみがあまりない方は処方箋として保湿剤や尿素入りのクリームなどが処方されることもあります。
市販薬の尿素入りクリームを使用する場合は症状により合うあわないがだれにでもありますので各公式サイト・お問い合わせでよく確認してください。
※参考サイト「ニノキュアで毛孔性苔癬(二の腕のぶつぶつ)や腕のシミは治る?」「ザラプロで毛孔性苔癬や腕のシミは治る?」

 

ステロイドは処方上必要がある方に対して医師が処方します、その為皮膚科などの医師の許可がないと手に入りません。
二の腕等のぶつぶつや赤みの症状がひどい場合に処方されることがありますが、身体にはきつい薬というイメージがあります。

 

二の腕のぶつぶつに対してのステロイドとはどういったものなのか見ていきたいと思います。

 

 

ステロイドとは?

私たちの体の中には数多くのホルモンが存在しています。
その一つであるステロイドホルモンには、女性ホルモン、男性ホルモンなどの性ホルモン等があります。
ステロイドとは強い薬イメージがありますが本来は体内で作られる必要なホルモンです。
一般的にステロイド薬は炎症を抑える働きを持っています。
処方箋としてのステロイド働きとしては、抗炎症作用と免疫抑制作用がある薬です。
アトピー性皮膚炎など皮膚の炎症に使われることが多くあります。

抗炎症作用

抗炎症作用とは、炎症を抑える働きのことをいいます。
皮膚の炎症とは湿疹・皮膚炎の種類・体に現れる湿疹・皮膚炎のことで、ちょっとしたぶつぶつから、強烈なかゆみをともなうものまで症状も原因もさまざまです。※皮膚組織が赤くる(発赤)、熱を持つ(発熱)、むくむ(浮腫)、痛み(疼痛)など様々な症状があります。
ステロイドはこの炎症を抑えてくれるとても重要な働きをしてくれます。

免疫抑制作用

免疫抑制作用とは、体内で起きている異常な免疫反応を抑える働きのことをいいます。
外部から侵入してくる異物に対して免疫(抗体)を作り、異物を排除する働きを持っています。これが正常な免疫反応です、体に有益な働きをしてくれるのが免疫反応といいます、ステロイドは異常な免疫反応を抑制する働きがあります。

 

ステロイドは一般的には即効性があって治りが早いというイメージがありますね。

 

ステロイドは毛孔性苔癬に効果ある?

二の腕のぶつぶつの症状はあくまで様々な要因が考えられます。
湿疹・かぶれからの症状であるのか、毛孔性苔癬などの要因であるかを受診し症状に合った処方であれば完治していくと思われます。
ですがかゆみ・痛みがひどい場合の処方薬であれば一時的によくなりそのまま完治するか、その次の段階での処方が必要ななるなど症状は様々です。
毛孔性苔癬であれば、尿素入りクリーム同様にステロイドでは、一時的に良くなって見えても完治しない場合がありますので医師に納得いくまで確認することをおススメします。

 

ステロイドで必ず治るという訳でもなく、あくまでもステロイドは二の腕のぶつぶつの対処療法の1つでしかないということを理解した上で、皮膚科を診療しましょう。