二の腕のぶつぶつ治療法:ケミカルピーリングの種類

「ケミカルピーリング」とひとことで言っても、多くの種類があります。
現在、皮膚科や美容クリニックでよく使用されているピーリング剤はこの3種類です。

サリチル酸
グリコール酸
トリクロロ酢酸

各ピーリング剤の詳しい特徴をみていきましょう。

 

サリチル酸

サリチル酸マクロゴールは、「サリチル酸」成分をマクロゴールという成分で溶かして混ぜたものです。サリチル酸には角質軟化・溶解作用があるため、古い角質を除去して過剰な皮脂分泌を抑え、ニキビのできにくい肌質へと改善していきます。
サリチル酸は「エタノール」というアルコールで溶かして混ぜているものもあります。しかし、「マクロゴール」を溶媒にしているもののほうが、肌への刺激が少ないです。サリチル酸マクロゴールは数あるピーリング剤の中で、痛みや赤みが最も少ないピーリング剤のひとつです。それでいて、コラーゲンの造成促進効果は、強酸を用いたトリクロロ酢酸ピーリングに匹敵すると言われています。
サリチル酸マクロゴールは、刺激が最小限で効果の高い角質除去ができるピーリング剤です。

 

グリコール酸

グリコール酸は、「α-ヒドロキシ酸」のひとつで、フルーツ酸(AHA)の一種のグリコール酸を使って肌を溶かすのが特徴のピーリングです。原料としては、サトウキビ、パイナップル、テンサイ、カンタロープなどが使われている事でも知られています。非常に分子が小さく、浸透性が優れているのが特徴です。そのため角質層だけでなく真皮層まで酸の力が及び、古い角質の除去から真皮層のコラーゲン生成を目的とした「小ジワの治療」などにも活用されます。ただ、浸透力が高く、肌内部に酸の刺激を与える力が大きいため、肌の改善効果も期待できますが、赤味や痒み、痛みが伴う副作用があるのにも注意が必要です。

 

トリクロロ酢酸

トリクロロ酢酸という強酸の薬剤を使用する施術で、肌の深部にまで作用するのが特徴です。トリクロロ酢酸を肌に付着させ軽い熱傷を起こさせます。この熱傷が治っていく過程で、陥没部分が盛り上がり、深いニキビ跡や毛穴を改善します。
かなり刺激が強く、施術中はピリピリとした痛みがありますが、数分でおさまるので麻酔の必要はありません。顔全体に使用するというよりは、部分的なニキビ治療に活用されるケースが多い施術方法です。

 

 

ケミカルピーリングの効果

私達の肌は古い角質が蓄積すると、ターンオーバーが正常な周期(28日)で行われません。
その為、シワやたるみ、ニキビ、くすみ、黒ずみなどのトラブルに悩まされるようになってしまいます。ケミカルピーリングにより、正常なターンオーバーを促す事で、肌が新しく生まれ変わる周期をも正常化するので、あらゆる肌トラブルが解決し、美肌作りに役立ちます。

 

ケミカルピーリングの効果として挙げられるのは
シミやニキビ跡を予防したり、薄くする
色素沈着によるそばかす、肝斑、クマの解消
毛穴の開きや黒ずみの改善
くすみを取って肌を明るくする
加齢によるシワやたるみの予防と改善
背中のニキビや毛孔性苔癬

 

ケミカルピーリング治療の副作用は?

ケミカルピーリングにも当然副作用があります。
主に激しい乾燥やひりひりとした痛み、痒みといったものが副作用として表れるようです。

 

乾燥

ピーリングをした後の肌はいつも以上に薄くなっています。そのまま放っておくと、普段よりも強く乾燥します。それは角質層を取り除いたことにより起こる現象です。肌は乾燥を強く感じると、過剰に新しく角質を作ろうとしてしまいます。ピーリング後はいつも以上にしっかりと保湿をして肌を守る必要があります。

 

ひりひりとした痛み・赤味が出る

ピーリング後に肌が赤くなるのは、肌のバリア機能が低下している可能性が大きいです。その為、いつも以上に肌に優しい化粧水や美容液などの化粧品を利用する必要があります。
また、ピーリング剤によっては、治療後ひりひりとした痛みを感じたり、赤味が出やすくなったりするものもあります。サリチル酸マクロゴールなら比較的出にくいですが、グリコール酸やトリクロロ酢酸などのピーリングですと、よく見られる症状です。ですので、自分の肌の状態やタイプに応じてピーリング剤を選ぶ必要があります。施術前にきちんと肌の診察をしてもらっておくと安心です。

 

クリニックとエステでのケミカルピーリングの違い

本来ケミカルピーリングは医療行為ですので、クリニックでのみ許されている治療法です。しかし、美容目的のピーリングがエステサロンで行われているのも現実で、その際には濃度の制限が設けられています。

 

2つの大きな違いは目的です。クリニックでは、ニキビやニキビ跡、シミ、ソバカス、小ジワ、乾燥、色素沈着などの治療や改善を目的としています。また、顔以外にも、脚や身体の施術も行います。それに対してエステでは、基本的に化粧ノリが良くなるなどを目的に行われています。
ニキビなど皮膚疾患の治療としては美容クリニックを選ぶ必要があります。

 

ケミカルピーリングを受ける際の注意点

ケミカルピーリングを受けるに当たって、以下の方は受けれない場合が多いので、注意する必要があります。

ケミカルピーリングを受ける1~1ヶ月半前にレーザー脱毛やワックス脱毛などを受けている方
ケミカルピーリングを行う1週間以内にご自宅やサロンでピーリングやスクラブ洗顔、またはアカスリを行った方
ケミカルピーリング治療の前日に顔剃り、スクラブ洗顔、パックを行った方
ケミカルピーリングを受ける前に日焼けした方
皮膚病やお肌の治療を受けている方
感染症にかかっている方
日光に過敏な方
敏感肌の方
妊娠中の方

 

また、ケミカルピーリングの施術後は肌が赤くなることや、乾燥しやすくなることもあります。肌を落ち着かせるためには化粧水、乳液などで保湿をしっかり行ってください。紫外線などの刺激も避けるようにしましょう。まれに、水ぶくれやただれ、傷、かさぶたができることもありますので、そのときはドクターの診察を受けてください。

 

気になる料金は?

費用は高いの?気になるのが料金です。
ではどのくらいかかるかというと、その場所によっても違いますが、クリニックは大体1万円から2万円程度、エステは8000円から1万5千円程度必要になります。
ケミカルピーリングは、保険は適応されません。そのためどうしても1回で1万円程度必要となってきてしまいます。そして、施術部位によっても料金が違ってきますので、まずは医師のカウンセリングを受けて、それから料金のことを聞くようにしましょう。

 

回数や頻度は?

ケミカルピーリングは一度で終了というわけにはいかないので、数回通わなければいけないことになります。
ではどのくらいの回数が必要かというと、個人差や程度の差はありますが大体5回から10回程度みておいてもらえればいいと思います。
強い薬剤を使用すると肌にダメージを与えてしまいますので、どうしても問題ない程度に回数を重ねていくことが大事になります。ですので、半年から一年間程時間をかけて、回数にして5回から10回程続けてみると良いです。

 

二の腕ぶつぶつ対策!おすすめ薬用クリーム

人気ランキング

商品名

薬用アットベリー

ピュアルピエ

ジェルレイン

商品画像

 

薬用アットベリー

 

返金保証

180日間返金保証

180日間返金保証

60日間返金保証

口コミ評価

review_5

review_4

review_4

保湿力

review_5

review_4

review_4

持続力

review_5

review_4

review_4

肌への優しさ

review_5

review_4

review_4

商品形状

クリーム

クリーム

クリーム

使用箇所

二の腕・脇の下・ひじ・膝・お尻・etc

二の腕・脇の下・ニキビ・etc

背中・etc

内容量

60g

60g

60g

価格

2,980円

5,334円

5,480円

一日あたり

99円

177円

182円

※内容量は約1ヶ月分相当になります、価格は定期コース初回割引金額適応価格となっています。
※アットベリー定期コース2回目以降は5,440円(税抜)になります、詳細は公式サイトにてご確認下さい。
※コース等に変更がある場合もありますので詳細は上記公式サイトよりご確認下さい。
※返金保証はコース対応になっていますので通常購入には対応出来ない商品もあります詳しくは公式サイトでご確認下さい。